トップページ » IR情報 » 経営方針 » コーポレート・ガバナンス体制

経営方針

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「顧客」をはじめ「取引先」「株主」「社員」「社会」という全てのステークホルダーから信頼を得られる企業となるため、企業価値の継続的な増大を目指して、企業倫理と法令遵守を徹底するとともに、監視機能を強化し、内部統制システムやリスク管理システムを充実させることで、更なる経営の効率性・健全性・透明性の高い経営を確保することを基本方針としております。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

■取締役会(月1〜2回)
経営の意思決定や月次予算統制その他重要事項の報告により業務執行を行う機関であると同時に、各取締役及び各執行役員の業務執行状況を監督する機関と位置づけております。


■経営会議(月1回)
執行役員で構成され、経営方針及び経営戦略等に関する審議を行っており、取締役会で審議・決議される事項のうち、特に重要なものについて、事前に経営会議においても議論を行い、審議の充実を図っております。


■監査役会(月1回)
監査役は3名で構成されており、取締役会その他重要な会議への出席等を通じて、取締役の業務執行の適法性・妥当性について監査を実施し、更なるコーポレート・ガバナンス強化のため、監査機能がより有効・適切に機能するよう努めております。


■ガバナンス委員会(適宜)
取締役会の諮問機関として、代表取締役・社外取締役で構成されており、経営陣の指名・報酬を含むガバナンス体制について審議を行うことで、より経営の透明性・公正性を確保し、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を目的として運用しております。


■コンプライアンス委員会(月1回)
コンプライアンス体制の強化を図るために、社外取締役、外部の有識者及び専門家を加えたメンバーで構成し、全社的なコンプライアンスの取り組みを横断的に統括・監視しております。


■リスクマネジメント委員会(適宜)
当社の損失の危険(リスク)については、「リスク管理規程」及び「危機に関するフローとガイドライン」を定め、個々のリスクに関しては、これに対応する組織等において継続的に監視し防止策を講じるとともに、代表取締役の諮問機関として「リスクマネジメント委員会」を設置し、全社のリスクマネジメントを統括し、全社横断的に経営に重大な影響を及ぼす様々なリスクに的確に対処する体制になっております。

 

コーポレート・ガバナンスに関する報告書