トップページ » IR情報 » 経営方針 » ディスクロージャーポリシー

経営方針

事業などのリスク

1. 情報開示の基本方針

シーボン.は、企業情報を適切に管理するとともに、株主・投資家の皆様をはじめとした全てのステークホルダーからの正しい理解を得るために、その透明性の保持を図り、適時・適切かつ公平な情報開示に努めます。会社法、金融商品取引法、各種法令および東京証券証券取引所の定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に従って情報を開示するほか、投資判断に資する有用な情報と判断する内容についても、タイムリーかつ公平な情報開示に努めます。

2. 情報開示の方法

当社の開示する情報は、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム「TDnet」にて公開いたします。さらに、公平性を確保するため、速やかに当社コーポレートサイトに掲載いたします。ただし、コーポレートサイトへの掲載に関しましては、PDFファイルやその他ツールの準備の都合上、掲載時期が遅れる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

3. 業績予想及び将来の見通しに関する事項

当社が開示する情報のうち、歴史的事実以外のものは、一定の前提条件の下に作成されたその時点での当社の判断に基づいております。従って、将来の情報につきましては、経済情勢や市場環境の変化等リスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の結果と大きく異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

4. 市場の噂への対応等

(1)市場の噂への対応
市場の噂に関しましては、コメントしないことを基本方針とします。しかし、噂を放置した結果、資本市場参加者および当社に重大な影響がありうると判断される場合、または証券取引所等からの照会がある場合、適切な対外的対応を取るものといたします。

(2)第三者との取り組み
第三者との業務上の取り組みが重要な情報に該当する可能性がある場合、当該取り組みにかかる情報の開示は、当社の事前の同意を得て行うよう相手方とあらかじめ取り決めを行います。

5. 沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく変化する見込みがでてきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表することとしております。

6. 本コーポレートサイトの位置づけ

本コーポレートサイトは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々を対象に、開かれております。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を本コーポレートサイトに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、本コーポレートサイトにおける情報開示は、あくまでも補助的なものとして位置づけております。また、本コーポレートサイトは、投資勧誘や製品等の販売・広告を目的とするものではありません。 また、本コーポレートサイトにおいて当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合があります。本コーポレートサイトを利用されるにあたって、これらを十分にご理解いただいた上でのご利用をお願いいたします。

7. その他

本コーポレートサイト上での当社情報の閲覧にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している「サイトご利用に際して」も併せてご参照ください。