より美しくなるためのセルフケアコンテンツ 美肌レッスン帖 「毎日のスキンケア」を正しく行うことは、美肌作りの基本です。季節や年代に合ったケアをとり入れて、より美しく輝く肌を貴女のものに。 より美しくなるためのセルフケアコンテンツ 美肌レッスン帖 「毎日のスキンケア」を正しく行うことは、美肌作りの基本です。季節や年代に合ったケアをとり入れて、より美しく輝く肌を貴女のものに。

春到来!今すぐ始めたい美白ケア 春到来!今すぐ始めたい美白ケア

さわやかな気候で外出が楽しいシーズンですね。
ただ、日差しも強く感じられるようになってくると同
時に紫外線の量も急上昇。

前回は、肌の奥まで届く紫外線「UVA」の対策についてお伝えしましたが、この時期からは肌の表皮にダメージを与え、日やけ、シミ、ソバカスの原因になる「UVB」への対策が必要になります。

今回は、シミやくすみ知らず!美しい肌の守り方をご紹介します。

Lesson 1
初夏からグンと増えるUVBとは?

UVBは雲やガラスをほとんど通さず、屋内には届きにくい紫外線ですが、逆に天気のよい屋外や空気の澄んだ場所は、遮るものがなく影響を受けやすいため「レジャー紫外線」と呼ばれることも。強いエネルギーで肌を焼いてしまうので、皮膚を赤く炎症させ、いわゆる「日やけ」を引き起こします。さらに、シミ・ソバカスはもちろん、乾燥による肌のゴワつきや肌あれの原因にもなります。

ただし、冬から春にかけてしっかりと肌が保湿されていれば、UVBの影響も受けにくくなるので、乾燥が気になっている方は、今からでも保湿を心がけてください。肌の状態を整えた上で、美白ケアを始めましょう。

Lesson 2
日やけ止めは数値よりも塗り方が大切

日やけ止めを塗るのは、もちろんマスト。UVAを防ぐための指数がPAであるのに対し、UVBを防止するための目安が「SPF値」です。

SPFの数値は、高くなるほど日やけしにくくなりますが、屋外で1日中過ごすわけではない、あるいは、オフィスワークや家事で日中は屋内で過ごす時間が長い場合は、それほど高いものを選ぶ必要はありません。

むやみに高い数値のものを使うよりも、大切なのは塗り方です。
日差しが強い季節になると、たとえSPF値の高いUVカット剤をつけても、汗で流れてしまいます。UVカット剤もファンデーションも、お昼休みなどを利用して、少なくとも日中に1度は、塗り直しましょう。

また、日やけ止めと併せてUVカット機能のあるファンデーションを使い、より紫外線を防ぐことで、肌への負担を軽くすることができます。

Lesson 3
日常の生活シーンで紫外線をカットする

5月以降は、日傘、手袋、サングラスなど紫外線を取り込まないための小物も活用していきましょう。

車の運転をする方が、紫外線を浴びる片側の腕だけ日やけをするという話は、よく耳にします。毎朝の通勤時、駅に向かう道中や電車の中、オフィスのデスクの位置など、紫外線をどちらの方向から浴びるかによって、顔や体のシミができる場所が異なります。思い当たる方は、自分の紫外線を浴びる方向を確認してみてはいかがでしょうか。

また、連休中は国内外を問わず、旅行などに出かける方も多いと思いますが、地域によって紫外線量には差があります。
涼しいところに行くと、なんとなく紫外線量も少ないと思いがちですが、たとえば雪のあるところは、反射で「雪やけ」するように、気温は紫外線量の目安にはなりません。

レジャーのときは、開放感から無防備になりやすいので、気をつけてくださいね。

日やけやシミが気になりだしてから、美白に切り替えるという方も多いようですが、それでは手遅れ。それまでに受けた紫外線によるダメージは、秋口以降シミとなって肌表面に出てきます。

秋に「こんなはずじゃなかった!」ということにならないためにも、今日から美白ケアを中心としたお手入れに切り替えましょう。

監修:白久千穂株式会社シーボン 美容指導部 部長。
エステティシャン、美容部門講師などを歴任し現職。
シーボン.の美を創る中枢を担い、美を追求して19年目。
コスメコンシェルジュなど多くの資格を持つ。