沿革

1966年 1月 シーボン化粧品株式会社設立
  10月 株式会社シーボン化粧品総合本舗と改称
1968年 4月 製造拠点として、栃木県河内郡上三川町にシーボン株式会社(現 生産センター)を設立
1973年 7月 東京都港区六本木に本社ビル「シーボンクイーンビル」落成
本店を同地へ移転(現本店所在地)
1974年 8月 環境問題に取り組むため、栃木県の指導により、シーボン株式会社・工場に汚水処理の排水浄化設備を導入
公害防止設備のモデル工場となる
1975年 5月 日本女子登山隊がエベレスト登頂に成功し、装備品に当社化粧品が使用される
1981年 3月 直営1号店、渋谷店 開設(2002年渋谷本店へ統合 現渋谷店)
1984年 2月 直営店、札幌琴似店 開設(北海道・東北地方初出店 1988年札幌店へ統合 現札幌店)
  4月 直営店、宮崎店 開設(九州地方初出店)
直営店、静岡店 開設(中部地方初出店 1989年現在地へ移転)
1986年 1月 シーボン プロフェッショナルネイルサロン「ネイルズ」オープン (現シーボン美癒ネイル)
  4月 直営店、神戸店 開設(近畿地方初出店 1994年閉鎖)
  8月 直営店を会員制サロン「シーボン・ビューティスタジオ」と改称
お客様のニーズに合わせ、直営店のもとで化粧品の販売とアフターサービスの提供を行う新体制をスタート
気功、鍼灸の考えを基に開発した「東洋式美顔マッサージ」を全店に導入
1990年 1月 直営店、六本木本店 開設(1998年現在地へ移転 現シーボン美癒フェイシャル)
1992年 1月 社名を株式会社シーボンと改称
同時に製造部門であるシーボン株式会社の社名を、シーボン プロダクツ株式会社と改称
1994年 4月 新シリーズ「フェイシャリスト」発売と同時に、サロン名を「シーボン.フェイシャリストサロン」と改称
  10月 お客様の基礎情報、販売情報に肌情報を加味した管理システム「フェイシャルコンピューター」を全店に導入
1995年 10月 シーボン プロダクツ株式会社から営業のすべてを譲受け、シーボン.栃木工場とする
(シーボン プロダクツ株式会社は解散)
1997年 4月 総合社員研修センター「シーボン.パビリオン」を神奈川県川崎市宮前区に竣工
  9月 栃木工場を増改築し、「シーボン.美容研究所」とする
1998年 6月 本社ビルB1F〜4Fを改装し、ネイル、ボディ、鍼灸、ヘアを備えた総合美容サロン「シーボン美癒 六本木本店」をオープン
2000年 5月 大阪予約センター 開設
  7月 東京予約センター 開設
    直営店、梅田店 開設(2007年現在地へ移転)
2003年 1月 カスタマーセンター開設
  11月 本社ビル地下1Fにヘアサロン「neaf(ニーフ)」オープン
2004年 11月 アンテナサロンとして、「C'BON GINZA」オープン
2005年 12月 六本木本社ビル及び川崎市の二拠点の本社機能を統合し、
「シーボン.パビリオン<メインオフィス>」へ本社機能を移転
2006年 9月 シーボンクイーンビルを「C'BON view(シーボンビュー)」と改称
美容と医療の双方向からのアプローチを可能とした総合美容ビルとしてリニューアルオープン
2009年 9月 ジャスダック証券取引所(現 東証JASDAQ市場)に上場
  11月 直営店、新百合ヶ丘店開設(直営100店舗達成)
2010年 4月 西日本の販売網強化のため、関西事務所を開設
2012年 3月 東京証券取引所市場第二部に上場
2013年 3月 東京証券取引所市場第一部に上場
2014年 4月 シーボン.美容研究所を改修し、「生産センター」とする
研究開発、物流拠点となる「研究開発センター」を竣工