トップページ » 環境社会活動(CSR) » 社会貢献のために

社会貢献のために

環境保全活動

シーボン.は、女性の肌だけではなく、私たちの住む地球や自然環境をも美しく輝かせる企業でありたい。そんな想いから、環境へ優しい取り組みを行っております。

  • シンプルパッケージ

    化粧品パッケージの簡素化を推進しており、フィルム包装や非木材資源の紙箱等環境に配慮したパッケージを採用しております。

ガラスビンのリサイクル活動

使い終わった化粧品のガラスビンを回収しています。空ビンを1本お持ちいただごとにスタンプを押し、スタンプが一定数たまると製品サンプルに交換するなど、お客様にも参加していただきながらリサイクル活動を行っています。

太陽光発電システムを設置

「研究開発センター」では、環境保全活動の一環として太陽光発電システムを採用し、環境に配慮した研究・物流施設として稼動しております。

優良施設として栃木県知事より表彰(生産センター)

シーボン.の製造拠点である「生産センター」が、2014年11月19日に栃木県知事より 薬事衛生の向上に寄与した優良施設として表彰されました。

ISO14001マネジメントシステムの認証を取得

生産センターでは、ISO14001マネジメントシステムの認証を取得しており、ISO14001マネジメントシステムに基づいた環境方針を定め、環境関連法規制等の遵守評価の実施やPDCAリサイクルによる定期的な監査・自主評価を行う等環境保全活動を推進しております。 。

廃棄物の削減と再資源化に向けて

限りある資源を大切に利用するため、生産時に排出される廃棄物の削減・再資源化に努めています。
現在、主な廃棄物は、古紙、廃プラスチック、汚泥、ガラスなどがあり、紙くず類の分別強化や汚泥・廃プラスチックの再資源化により、高いリサイクル率を維持しております。
今後も、新たに構築した廃棄物のデータベース化による評価方法をもとにした地道な削減努力を積み重ね、循環型社会の確立に貢献してまいります。

排出物の内訳

廃棄物排出量/再資源化量・リサイクル率

省エネルギーへの取り組み

「生産活動においても、省エネ活動等により、エネルギーの削減」
生産センターでは、環境に調和した生産活動を行うため、節電意識の啓発や環境ボランティア活動などを推進し、さまざまな角度から省エネルギーに取り組んでいます。

CO2使用量

  • 電気使用量
  • 重油使用量
  • ガス使用量

52期(2017年3月期)
エネルギー削減に向け実施された施策

生産部門

・照明設備のLED化。

・高効率の空調設備への更新。

・屋根の遮熱塗装及びガラスの遮熱フィルム貼付による空調効率の向上。

本社部門

・クールビズ、ウォームビズの徹底。

・複合機の効率化(機器の適正配置、台数削減。ログ管理システムによる使用枚数の見える化)。

・高効率の業務用ガス給湯機更新。

・照明のLED化(ダイクロハロゲン照明部分)。

店舗

・節電ルールの見直し・再徹底。

・空調の分解洗浄を実施。

社会貢献活動

シーボン.では、事業を通じた社会貢献はもちろん、企業市民として地域に貢献し、ともに発展していくことを目指しております。地元自治体の活動や学校行事への協力等、これからも地域の皆様との交流を図ってまいります。

Topics

トピックス1: 「愛パークとちぎ」公園の清掃活動へボランティア参加

生産部門では、栃木県が管理する公園の環境美化活動「愛パークとちぎ」へボランティア参加する等、地域の美化活動を積極的に行っております。

トピックス2: 職場体験学習への協力

生産部門では、地元小中学校の職場体験学習への協力を続けております。充填や秤量調合、包装等化粧品の製造過程を順番に体験し化粧品を完成させることにより、仕事を通じて得られる達成感を味わっていただけるよう努めております。

トピックス3: シニア向けイベントに協力

高齢の方たちがより一層豊かな人生を送れる一助となることを目的として開催された「プラチナファッションショー」(神奈川県川崎市主催)で、メイクレッスンに協力をさせていただきました。公募で集まった65歳以上のモデルの方々が、ウォーキングやメイク等のレッスンを経て、ファッションショーの花道を目指しました。シーボン.の講師が、参加者一人ひとりのご希望やお悩みを伺いながらメイクアドバイス。お顔の印象を左右するメイクレッスンとあって、参加された方々は真剣そのものでした。

トピックス4: 栃木県の女性活躍推進のためのプロジェクトに参画

生産拠点がある栃木県の男女共同参画社会の実現を目指している“TOCHIGIで輝く☆「働くウーマン」プロジェクト※”(とちぎ男女共同参画センター主催)に、栃木県内の女性活躍推進企業として協力いたしました。
同プロジェクトの企業訪問プログラムでは、「C’BON BeautyCareer 講座」と題し、地元企業に勤める参加者に対して、生産センターの見学に加え、シーボン.の女性活躍に向けた取組みをご紹介するとともに、スタッフも交えた意見交換会を行いました。

※栃木県内で活躍が期待される女性たちの企業間ネットワークの構築や能力開発、意識改革の機会を提供する人材育成を目的としたプログラム。

参加の声

  • 女性が働きやすい環境づくりを自社でも役立てたいと思いました。提案してみたいと思います

  • 支えあいの文化が根付いていて、皆様がイキイキと働いていることを実感しました。