最新の決算レビュー

2022年3月期 業績のご報告(2021年9月30日時点)

 当第2四半期連結累計期間における日本国内の経済環境は、新型コロナウイルス感染症拡大を受けた長期間の緊急事態宣言の発令や、大都市圏での病床のひっ迫等による外出自粛が消費に大きな影を落としました。緊急事態宣言の解除よる段階的な経済活動の再開に伴い、回復傾向がみられるものの、先行きについては依然として不透明な状況が続いております。

半年にも及んだ緊急事態宣言下において、当社グループでは、お客様とスタッフの健康と安全を第一に考え、引き続き感染予防対策の徹底と、全国のサロンおよび美容室全スタッフに対し、原則月に2回の抗原検査を実施し、感染のスクリーニングを行うことで、より安心度の高い環境の拡充を図ってまいりました。

 こうした経営環境の中、当社グループは、中期経営計画に基づき、「顧客数拡大とお客様第一のサービス提供」「高機能製品の創出」「コスト合理化の徹底」の3つの重点課題に引き続き取り組んでおります。  当社グループが持つ経営資源を有効活用し、新たな事業として、結婚相談所事業「シーボンマリアージュサロン」を立ち上げるとともに、主力であるサロン事業においては、リアル店舗とオンライン店舗のシームレス化によりお客様との双方向的かつ強固なつながりの構築を図っております。また、収益性の高い組織となるべく、コスト合理化の徹底を着実に実行しております。

直営店舗に関しては、お客様にサロンでのお手入れと、当社製品の魅力を改めて実感していただけるよう取り組んでまいりました。既存のお客様に対しては、看板製品であるクレンジングクリーム「フェイシャリスト トリートメントマセ」の増量キャンペーンや、お客様に製品のレビューを投稿していただき、抽選で美容液やクーポンをプレゼントするキャンペーン等を実施致しました。新規のお客様に対しては、サロンのトライアルプラン(※1)に、化粧品のトライアルセット(※2)をあわせたお得な特別プランを開始いたしました。また、昨年度より強化を図ってまいりました、WEBを利用した集客活動による新規来店数の割合は大幅に増加し、前年同期において、WEBによる新規来店数の割合が2.0%であったのに対して、当第2四半期連結累計期間では21.7%となりました。しかしながら、全国的に発令されていた緊急事態宣言等の影響により、従来から行っておりますイベントによる集客活動や、お客様の来店状況は依然として多くの制限を受けております。


当第2四半期の製品におきましては、新たに下記の製品を発売いたしました。

【8月】
「SPA BLANC」数量・季節限定発売
  夏季限定サロンケア用スペシャルセット

【9月】
「フェイシャリスト FPプログラム14a」
  真珠のように光を纏い輝く肌へ 14日間の集中トリートメント美容液
「シーボン コンセントレートプラス ディープクリアフォームN」数量限定
  フローラルで優雅なネロリの香りのしっとりクリーミーな泡の洗顔料


以上の活動により、前年同期は4~5月に全店臨時休業を実施した期間ではありますが、前年同期と比べ新規来店数は176.5%、既存顧客の継続数(※3)は119.8%となり、直営店舗における売上高は4,312,180千円となりました。
 なお、第1四半期連結会計期間の期首より、「収益認識に関する会計基準」等を適用しており、直営店舗における売上高に関しましては、前年同期との比較はしておりません。
 当第2四半期連結累計期間における連結売上高は4,683,237千円となりました。利益面におきましては、営業利益は116,653千円(前年同期は営業損失813,960千円)となり、雇用調整助成金63,406千円を含む営業外損益74,450千円を計上したことから、経常利益は191,104千円(前年同期は経常損失582,216千円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は189,881千円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失612,604 千円)となりました。


  ※1:トライアルプラン
     初めての方に、オールハンドの東洋式フェイシャルケアと肌に合った化粧品とパックケアをご体験いただけるプラン

  ※2:トライアルセット
     ベーシックケアライン「フェイシャリストシリーズ」のクレンジング、洗顔料に加え、化粧水、乳液をお試しいただける
     初めての方限定のセット

  ※3:継続数
     1ヵ月に1回以上来店のあるお客様ののべ人数