50代の毛穴ケア|若い頃とは違う毛穴トラブルを解決!

「年齢を重ねるにつれて、毛穴が目立つようになってきた」と感じる50代の方は少なくありません。解決策がわからないと、丁寧にファンデーションを塗っても毛穴落ちや化粧崩れしてしまい、悩んでしまいますよね。 今回は、50代で毛穴トラブルが生じる原因とおすすめのケア方法を紹介します。毛穴の目立たないなめらかな肌を目指したい方は、ぜひ参考にしてください。


この記事は約7分で読み終わります。

50代は「毛穴のもたつき」で悩みがち

若い頃は毛穴の開きや詰まり、黒ずみなどの毛穴トラブルに悩まされたことがある人は多いでしょう。こうした悩みは年齢とともに落ち着かないどころか、新たな毛穴トラブルが増えることもあります。

特に、50代の肌悩みで多いのが毛穴のもたつきです。年齢を重ねると真皮の老化によってハリや弾力が低下し、皮膚にもたつきが生じます。皮膚がもたつくと毛穴も下方向に引っ張られるため、毛穴が縦長に開いてしずくのような形になるのが特徴です。

50代で毛穴トラブルが生じる原因

毛穴の目立ちにくい肌を目指すには、毛穴トラブルの原因を知っておきましょう。ここでは、50代で毛穴トラブルが生じる主な原因を3つ解説します。

加齢

若いうちは、皮膚のうるおいを保つ「コラーゲン」と「エラスチン」が順次生み出されています。コラーゲンは肌の強度を、エラスチンは弾力を保持し、どちらも肌のハリに重要なタンパク質です。しかし、年齢を重ねるとコラーゲンやエラスチンを生成する機能が低下し、肌のハリや弾力が失われます。

ハリを失った肌は重力によって下に落ちますが、このときに毛穴も一緒に引っ張られて縦に伸びてしまうのです。また、引っ張られた毛穴同士がつながると帯状になり、毛穴がさらに目立ち、シワのように見えます。

肌の乾燥

肌のうるおいは皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質によって一定に保たれています。しかし加齢によってこれらの保湿因子が減少すると角層の水分も減り、皮膚が乾燥してしまいます。

また「熱いお湯で洗顔する」「顔をゴシゴシこする」などの間違ったスキンケアや紫外線による影響でも肌が乾燥するため、注意が必要です。

乾燥によって柔軟性がなくなった肌はしぼんで見え、毛穴も硬い状態です。毛穴が硬いまま閉じることなく開いているため、目立ってしまいます。また、肌のうるおいが低下すると水分の蒸発を防ぐために皮脂が過剰に分泌され、毛穴が押し広げられてしまいます。

表情筋の低下

表情筋の衰えも、50代で毛穴のもたつきが目立つ原因のひとつです。加齢によって筋力が低下しますが、表情が乏しいとさらに表情筋が衰えてしまいます。デスクワークでPCを長時間見ている方、在宅勤務で人と話す機会が少ない方は無表情でいる時間が長く、筋肉が凝り固まって表情筋が衰えやすくなります。

表情筋が低下すると皮膚のもたつきが生じ、毛穴も重力によって垂れ下がってしまうのです。また、表情筋の衰えによって皮膚がもたつくことでシワもできやすくなり、実年齢より老けてみえることもあります。

50代におすすめの毛穴ケア

50代の肌は加齢や乾燥、表情筋の低下などによって毛穴が目立ちやすくなるため、毎日のケアが大切です。ここでは、50代におすすめのセルフケアを5つ紹介します。

エイジングケア(※)に特化したアイテムを使う

年齢肌のケアには、エイジングケアに特化したスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。

うるおいを与えるなら、角層の保水としてコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの成分が配合されたアイテムを選びましょう。ハリを与えるなら、肌の弾力を保つビタミンC誘導体やナイアシンアミド、レチノールなどの成分が配合されたアイテムがおすすめです。

エイジングケアに特化したアイテムを取り入れることで、ふっくらとしたハリのある肌に近づき、毛穴の目立ちにくい肌を目指せます。

50代のエイジングケアのポイントは、下記の記事でも詳しく紹介しています。
50代はエイジングケアが重要!必要なエイジングケアやポイントを徹底解説

※エイジングケア:年齢肌にハリやうるおいを与えること

クレンジング・洗顔はやさしくする

クレンジング・洗顔はマイルドな洗浄力のものでやさしく洗うことが大切です。洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔を使用すると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、バリア機能の低下によって乾燥を招きます。

また、洗顔時に顔をゴシゴシこすると、角層が荒れてバリア機能が弱まり、乾燥したり肌に炎症が起きたりします。洗顔料はしっかり泡立ててから顔にのせ、泡で汚れを浮かせるようにやさしく洗うのがポイントです。

すすぎは30〜32度のぬるま湯を使い、洗い流しましょう。フェイスラインや髪の毛の生え際は泡が残りやすいため、丁寧にすすぐことが大切です。

保湿を心がける

入浴後の肌温度が高い状態で湿度や室温が低い部屋へ出ると、肌の水分は一気に蒸発するため、乾燥しやすい状態になります。そのため、洗顔後はすぐに保湿をし、肌の水分を補うことが大切です。

化粧水だけでは肌表面から水分が蒸発しやすいため、化粧水の後に乳液やクリームを重ねましょう。乳液やクリームに含まれる油分でフタをすることで、化粧水で補給した水分をキープしやすくなります。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分が配合された基礎化粧品もあるので、自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選びましょう。

紫外線対策をする

加齢だけでなく、紫外線のダメージによる「光老化」も肌の老化に大きく影響します。肌老化の原因の約8割は光老化といわれているため、肌のもたつきを予防するためには毎日の紫外線対策が必須です。

紫外線は一年中地上に降り注いでおり、雲も通過します。そのため、季節や天候にかかわらず紫外線対策が大切です。また、紫外線は窓ガラスも通り抜けるため、外出時はもちろん室内にいても日やけ止めを塗りましょう。

日やけ止めに記載されている「SPF値」や「PA値」の数値が高いほど紫外線防止効果が高くなりますが、肌への負担も高まります。そのため、日やけ止めの数値は「散歩や買い物などの日常生活」「炎天下でのレジャー」など、シーンによって使い分けましょう。

また、日やけ止めの効果を十分に発揮させるためには2~3時間おきに塗り直すことも大切です。日やけ止めだけでなく日傘や帽子、目元にはUVカットのサングラスなどのアイテムも併用し、毎日の紫外線対策を徹底しましょう。

表情筋トレーニングをする

表情筋の低下によって毛穴のもたつきが目立っている場合、簡単な表情筋トレーニングを取り入れてみましょう。表情筋を動かすと血行がよくなり、肌のすみずみまで栄養が行き渡ることで弾力性や柔軟性アップも期待できます。

ここでは、簡単にできる表情筋トレーニングを2つ紹介します。なお、トレーニング前はクリームやオイルを塗りましょう。

あいうえおトレーニング

あいうえおトレーニングでは、顔全体の表情筋を鍛えられます。

1.口を大きく動かして「あ」と発音し、3秒キープ
2.口を真横に大きく伸ばして「い」と発音し、3秒キープ
3.口をできるだけすぼめて「う」と発音し、3秒キープ
4.口を斜め上に引き上げて「え」と発音し、3秒キープ
5.鼻の下を伸ばしながら口を丸く開けて「お」と発音し、3秒キープ

あいうえおトレーニングを1日3セットくり返すことで、表情筋全体を鍛えられます。

あご周りのトレーニング

あご周りの表情筋を鍛える場合は、次のトレーニングを実践しましょう。

1.口を閉じたまま、舌全体を上あごに押し当てる
2.喉の奥に力を入れ、あごの下と首の前面に圧を加えて5秒キープ
3.負荷をかけたまま顔を斜め上に上げて遠くを見つめ、次にあごを下げる
4.あごの上下運動を5~10回繰り返す

上記のトレーニングを1日1~3セット続けることで、あご周りの表情筋が鍛えられ、二重あごの引き締めや首のシワにも効果的です。

まとめ

50代で毛穴が目立つ原因は加齢による弾力の低下や肌の乾燥、表情筋の低下などがあげられます。適切なスキンケアや毎日の紫外線対策を徹底するとともに、表情筋トレーニングも取り入れて毛穴の目立たない肌を目指しましょう。