メイク前のスキンケアが重要!メイク崩れを防ぐスキンケア方法を紹介

メイクをして時間が経つと、ヨレや崩れが気になり始めることはありませんか。肌に合った評判のよい下地やファンデーションを使っているのに、なぜだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。メイクのりやもちをよくするポイントは、メイク前のスキンケアにあります。 今回は、メイク崩れを防ぐためのスキンケア方法を解説します。肌タイプに合ったスキンケアも紹介するので、ぜひ参考にしてください。


この記事は約9分で読み終わります。

メイク崩れを防ぐならスキンケアが重要!

メイクをしていると、ほうれい線や目元のシワにファンデーションが溜まったり、皮脂でメイクがヨレたりすることはないでしょうか。

これらの問題は、メイク前の保湿不足が原因の可能性があります。メイク崩れを防ぐためには、メイク前のスキンケアでしっかりと保湿することが重要です。

また、肌の油分が不足している場合も皮脂が過剰分泌されるため、メイクの崩れにつながります。肌質を問わずメイク前にしっかりと保湿し、肌の水分と油分のバランスを整えることが崩れにくいメイクのポイントです。

メイク崩れが気になる場合は、普段のスキンケア方法を見直してみましょう。

メイクの仕上がりがさらにUP!基本のスキンケアをおさらい

ここからは、メイク前のスキンケアのポイントを紹介します。

【STEP1】クレンジング

クレンジングは夜だけでなく、朝も行うのがおすすめです。特に夏場などの暑い季節は皮脂が過剰に分泌されるため、朝にクレンジングをするとメイクのりがよくなります。

またクレンジングを選ぶ際は、洗浄成分がマイルドなものを選びましょう。

◆おすすめ商品

・フェイシャリスト トリートメントマセa
フェイシャリスト トリートメントマセa
フェイシャリスト トリートメントマセaは、肌のうるおいを保つ3種のエモリエント成分を配合しており、乾燥小ジワの目立ちが気になる方におすすめです。

コクのあるなめらかなテクスチャーが特徴で、キメを整え、もっちりとした素肌へ導きます。合成着色料やエタノールは不使用で、肌への負担を抑えられるのも魅力です。

フェイシャリスト トリートメントマセaについてはこちら

・フェイシャリスト リフレッシングマセ
フェイシャリスト リフレッシングマセ
脂性肌やベタつきが苦手な方には、フェイシャリスト リフレッシングマセがおすすめです。3種のうるおい&スムースケア成分配合で、すっきりなめらかな肌へ導きます。

固めのクリームが素早くメイクとなじみ、スッと軽やかで滑りのよいテクスチャーに変化します。時短ケアをしたい方や忙しい朝の使用にぴったりです。

フェイシャリスト リフレッシングマセについてはこちら

【STEP2】洗顔

洗顔はたっぷりの泡でやさしく行いましょう。時間がない忙しい朝には、泡で出てくるタイプの洗顔料がおすすめです。

汚れを落とせたら、30~32℃のぬるま湯でしっかりとすすぎます。熱すぎるお湯ですすぐと、肌から水分が急速に蒸発して乾燥してしまうため注意が必要です。

洗顔料は、肌にやさしい使い心地のアミノ酸系の洗浄成分が含まれたアイテムがおすすめです。

◆おすすめ商品
フェイシャリスト モイストベールウォッシュ
フェイシャリスト モイストベールウォッシュ
フェイシャリスト モイストベールウォッシュは、やさしく汚れを落とすアミノ酸系の洗顔料で、肌への負担が少ないしっとりとしたエアリーな泡が特徴です。

やわらかなハリ肌へ導くトレハロース(※)を配合していることに加えて、モイストベール成分(※)が肌に吸着し、しっとりすべすべ肌に導きます。

※トレハロース、モイストベール成分:保湿成分

フェイシャリスト モイストベールウォッシュについてはこちら

【STEP3】導入美容液

メイク崩れを防ぐには、肌の保水量を長時間保つことがポイントです。洗顔後に導入美容液を使用すると、次に使う化粧水の浸透(※)をサポートするため、肌のうるおいをキープできます。

ただし洗顔後の肌の水分は拭き取りすぎないように注意しましょう。少し湿り気のある洗顔後すぐの状態で、導入美容液をつけると肌なじみがスムーズに。

※浸透:角層まで

◆おすすめ商品
シーボン トータルエンハンサー
トータルエンハサー
シーボン トータルエンハンサーは、カンゾウ根エキスやツボクサエキスなど7種のハーブエキスを配合(保湿成分)した導入(※)化粧液です。

角層のすみずみまで届ける技術を採用しており、次に使用するスキンケアの効果を最大限に引き出します。なめらかなのにさらりとした肌なじみのよいテクスチャーが魅力です。

※導入:洗顔後の最初のステップ

シーボン トータルエンハンサーについてはこちら

【STEP4】化粧水

導入美容液を肌になじませたあとは、化粧水でうるおいを与えます。

化粧水を使用するときは、肌のすみずみ(※)まで水分を行き渡らせるように、やさしくハンドプレスしましょう。強くたたくと肌に刺激となり負担がかかるため注意が必要です。

※肌のすみずみ:角層まで

◆おすすめ商品
フェイシャリスト デュアルモイストローションQ【医薬部外品】
フェイシャリスト デュアルモイストローションQ
フェイシャリスト デュアルモイストローションQは、コクのある使い心地で肌にたっぷりとうるおいを与え、キメの整った肌へと導く化粧水です。

有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌荒れを防ぎ、バイオヒアルロン酸や酵母エキス、ポリグルタミン酸などの保湿成分がみずみずしいハリのある素肌に整えます。

フェイシャリスト デュアルモイストローションQについてはこちら

【STEP5】美容液

美容液は、皮膚が薄い目元や口元など、特に気になる部分には重ね付けをするのがおすすめです。また美白(※)美容液やニキビケア美容液など、肌悩みに応じたアイテムを使用しましょう。

※美白:日やけによるシミ・ソバカスを防ぐ

◆おすすめ商品
・シーボン CHエッセンス MDa【医薬部外品】
シーボン CHエッセンス MDa
シーボン CHエッセンス MDaは、とろりとした濃密なテクスチャーが特徴の薬用保湿美容液です。

6種類のヒアルロン酸をはじめ、リピジュア(※)、スクワランなどの保湿成分を配合しています。たっぷりのうるおいでキメの一つひとつを満たし、みずみずしくつややかな肌状態をキープします。

※リピジュア®:ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液
※リピジュア®は日油(株)の登録商標です

シーボン CHエッセンス MDaについてはこちら

・シーボン VC エッセンス MDa【医薬部外品】
VCエッセンス MDa
明るい肌印象を目指したい方には、シーボン VC エッセンスMDaがおすすめです。美白(※)有効成分のビタミンC誘導体(※)を配合し、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。

さらりとした使い心地が特徴で、うるおいを与えながら輝くようなクリアな肌を目指せます。

※美白:日やけによるシミ・ソバカスを防ぐ
※ビタミンC誘導体:リン酸L-アスコルビルマグネシウム

シーボン VC エッセンスMDaについてはこちら

・シーボン アセンディングエッセンス MDa【医薬部外品】
アセンディングエッセンス MDa
季節の変わり目や、体調の変化などによる肌のゆらぎが気になる方はシーボン アセンディングエッセンス MDaがおすすめです。有効成分のアラントイン配合で肌荒れを防ぎ、健やかな肌をキープします。

また、シソエキスやセラミドなどの保湿成分が肌バリアをサポートし、乾燥などで敏感になりがちな肌にたっぷりとうるおいを補給します。

シーボン アセンディングエッセンス MDaについてはこちら

・フェイシャリスト フレッシュセラムマスクC
フェイシャリスト フレッシュセラムマスクC
美容液でマスクタイプをお探しの方には、フェイシャリスト フレッシュセラムマスクCがおすすめです。

濃密でコクのある美容液には、持続性ビタミンC誘導体(製品の抗酸化剤)やバイオヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷりと含まれています。化粧水などで肌を整えたあとに使用するのがおすすめです。

フェイシャリスト フレッシュセラムマスクCについてはこちら

肌悩み別のおすすめの美容液については、下記の記事でも詳しく紹介しています。
美容液の効果を解説!悩み別のおすすめ美容液もご紹介

【STEP6】乳液・クリーム

化粧水がしっかりと肌に浸透(※)したら、最後に乳液やクリームでフタをしましょう。

化粧水がなじむ前に乳液やクリームを使うと、肌に油分が残りやすく、ベタつきの原因になります。乳液やクリームでフタをしたあとは、余分な油分を軽くティッシュオフすると崩れにくくなります。

※浸透:角層まで

◆おすすめ商品
・フェイシャリスト スキンコンディショナーQ【医薬部外品】
フェイシャリスト スキンコンディショナーQ
フェイシャリスト スキンコンディショナーQは、バイオヒアルロン酸やユズセラミドなどの保湿成分を配合した薬用保湿乳液です。

スクワラン(保湿成分)配合で、乾燥によるダメージから肌を守り、うるおいを長時間キープします。肌を包み込むようななめらかなテクスチャーで、みずみずしく柔らかな肌へと導きます。

フェイシャリスト スキンコンディショナーQについてはこちら

・フェイシャリスト モイスチャークリームS【医薬部外品】
フェイシャリスト モイスチャークリームS
フェイシャリスト モイスチャークリームSは、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合した薬用保湿クリームです。乾燥を防ぎつつ肌にうるおいを与え、健やかな肌状態をキープします。

バイオヒアルロン酸のほか、スクワランやセラミドなども配合(保湿成分)しており、なめらかでしっとりとした素肌に導きます。

フェイシャリスト モイスチャークリームSについてはこちら

肌タイプに合わせたスキンケアも意識しよう

乾燥肌や脂性肌など、肌タイプによって使用するアイテムや使用方法、必要な成分が異なるため、意識してスキンケアしましょう。

肌タイプの見分け方については下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。
【肌タイプがわからない人必見】肌タイプの見分け方とスキンケアの注意点

乾燥肌の場合

乾燥肌は肌バリアが低下している状態なので、化粧水や乳液、クリームでしっかりとうるおいを補給しましょう。

特に、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が含まれているスキンケアアイテムがおすすめです。

頬や目元などの乾燥しやすい部分はもちろん、フェイスラインやこめかみなども忘れずしっかり保湿します。乾燥が気になる部分は、スキンケア後にハンドプレスをすると長時間保湿力をキープしやすくなります。

脂性肌の場合

脂性肌の場合は、皮脂が気になるあごまわりやTゾーンなどを中心に洗顔を行い、ベタつきを抑えましょう。

ただし過剰な洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまうため、たっぷりの泡でやさしく丁寧に行うことが大切です。また皮脂の過剰な分泌を抑えるためには、洗顔後に化粧水や乳液でしっかり保湿をするようにしましょう。

脂性肌の方が使用する化粧水は、パウダー入りや収れん作用のあるものなど、皮脂によるベタつきを抑えられるアイテムがおすすめです。

また、化粧水後の乳液はジェルタイプなどのベタつきが少ないタイプを使用すれば、メイクのヨレや崩れを防げます。

混合肌の場合

カサつきとテカリの両方の特徴をもつ混合肌の場合は、部位ごとにスキンケアアイテムの量や付け方を変えるのがおすすめです。

例えば、テカリやすいTゾーンはしっかりと洗顔を行い、保湿クリームなどを薄めに使用します。一方、乾燥が気になる頬や目元には、保湿成分が多く含まれたスキンケアアイテムを使用し、化粧水や乳液を重ね付けするのが有効です。

肌の状態は季節や体調によって変化するため、スキンケアをうまく使い分けるようにしましょう。

まとめ

メイク崩れを防ぐためには、メイク前のスキンケアでしっかり保湿することが大切です。肌の水分と油分のバランスを整えると、皮脂の過剰分泌を防いでメイクのヨレや崩れを防げます。

また乾燥肌や脂性肌など、肌タイプに合ったスキンケアを意識するのもポイントです。メイクの崩れでお悩みの方は、今回紹介したシーボンの商品も検討してみてください。